資料請求はこちら スタッフブログはこちら

BUILD 全棟構造計算で安心の耐震性

耐震等級3を標準とした 全棟構造計算による安心への追求

一般的には簡易検査を行って終わらせていますが、ご家族の命を守るためにスタイルカンパニーでは全棟、構造計算による安全確認を行っています。また全棟で耐震等級3を標準として設計しています。

今の建築基準法(施行令第46条)では木造2階建住宅(200平方メートル未満)には構造計算が義務づけられておりません。建物の安全・安心を確認するための構造計算のはずが実施しない会社もあるのです。

構造計算とは…建築構造物・土木構造物などが、固定荷重・積載荷重・積雪荷重・風荷重・地震荷重などに対して、どのように変形し、どのような応力が発生するのかを計算することです。

構造計算 イメージ図

自動車サスペンションメーカー ビルシュタイン社製の制震ダンパーの採用

レーシングのサスペンションメーカーであるビルシュタイン社の制震ダンパー「エヴォルツ」を採用しています。とても大きな衝撃を吸収し、車体とドライバーの身を守らなければいけないレーシングの世界でトップシェアを誇る安心のメーカーです。

エヴォルツは上下逆さまでも、水平でも、どんな姿勢でも同じ性能を発揮します。そのため「木造軸組工法」「2×4工法」などあらゆる木造住宅の新築はもちろん、既設住宅の耐震リフォームとしても採用が可能で、古民家や寺社などの歴史的建造物にも導入されるほどの性能を誇り、万が一の地震も家族を守ります。

地震の揺れを軽減させて衝撃を和らげ、家を傷めないようにする制震技術。建物損傷が軽減されるため、繰り返される余震に有効とされています。

制震ダンパー イメージ図1
制震ダンパー イメージ図2

あらゆる土地に対応する減震・液状化対策 免震システム スーパージオ工法のご提案

スタイルカンパニーでは免震システム スーパージオ工法をご提案させていただいています。
スーパージオ工法とは、建物と同等の土を取り除いた地盤にスーパージオ材を敷くことで、建物を支える力を維持させる置き換え工法のこと。地盤沈下などの軽減、液状化対策、減震対策として有効です。
他の地盤補強工法が対応できない土地でも、スーパージオ工法は適用可能。どんな土地にも設置可能で、免震保証も最大25年の長期保証システムのご用意がある、おすすめの工法です。

またスーパージオ材はその強さの反面、環境に配慮した再生プラスチック製なので軽量&コンパクト。組み立ても特殊技術や機器が不要なので簡単かつコスト面も抑えられます。
資産売却時には土地の原状回復に長け、部材を取り除くだけなので余計なコストがかからない上、不動産価値を下げません。

制震ダンパー イメージ図1

実際にスタイルカンパニーの家を見学できます

阿久比モデルハウス 本社ショールーム