資料請求はこちら スタッフブログはこちら

BLOGスタッフブログ

LINWOOD社でのミーティング

2018.06.14

バンクーバーのLINWOOD CUSTOM HOMESさんにて打ち合わせが始まりました。
LINWOOD社では、社長のBill Mascottさんが直接会社を案内してくださいました。

201806 バンクーバー_180620_0210
201806 バンクーバー_180620_0195

201806 バンクーバー_180620_0205

201806 バンクーバー_180620_0207

Linwoodさんは50年の歴史がある会社で、これまでに世界で10,000棟以上の住宅を出荷してきた、ハウスパッケージの会社です。その会社がどのように運営されているのか会社を拝見し、いよいよ始まる一宮市M様邸の詳細の打ち合わせを設計主任の方と打ち合わせさせていただきました。

昼食は、初めて食べるギリシャ料理。羊肉の串焼きをいただきました。まったく臭みがなくてとてもおいしい料理でした。

201806 バンクーバー_180620_0215

201806 バンクーバー_180620_0213

午後は、最新のカナダの住宅事情の勉強に、新築のタウンハウスの販売展示場へ。

201806 バンクーバー_180620_0230
201806 バンクーバー_180620_0217

201806 バンクーバー_180620_0219

タウンハウスというのは、連棟型の集合住宅、日本でいうと「長屋」でしょうか。その長屋を分譲マンションのように区分所有で所有する、という考え方です。
住宅価格の高騰するバンクーバーでは今や一般的な形の住まいです。区分所有ですので、当然ですが外壁や窓、玄関ドアは住んでいる皆さんの共有物となります。
また、外装の色を塗り替える・間取りを大きく変更する、などのリフォームは管理組合の許可なく勝手に行うことができません。建築協定という決まりもあり、景観を守るために洗濯物を外に干してもいけないため、各家庭には乾燥機が配備されています。
そして極めつけにすごいのは、共益費を住んでいる人たちが出し合い、協力して外構の管理や道路の清掃をしています。
そうすることによって、住宅価格が下がらず、きれいなままで街並みを維持することができる、素晴らしい取り組みです。裏を返すと、共益費を払うことで、常に家の周りがピカピカで、防犯にも寄与する。買った家が、数年後には数倍に価値が上がる。人口増加も含めて、様々な取り組みがそういった状況を後押ししている、素晴らしい住宅事情でした。

201806 バンクーバー_180620_0301

201806 バンクーバー_180620_0298

そして、今流行っているカナダのデザイン。

201806 バンクーバー_180620_0314 201806 バンクーバー_180620_0326 201806 バンクーバー_180620_0305 201806 バンクーバー_180620_0310 201806 バンクーバー_180620_0305 201806 バンクーバー_180620_0292 201806 バンクーバー_180620_0291 201806 バンクーバー_180620_0252 201806 バンクーバー_180620_0248 201806 バンクーバー_180620_0262 201806 バンクーバー_180620_0247 201806 バンクーバー_180620_0236

僕らのイメージする輸入住宅の伝統的な形ではなく、コンテンポラリーなデザイン。しかしその中にはこだわりがたくさん詰まっており、大変勉強になりました。
最新のバンクーバー旋風を日本に巻き起こしていきます!!

Top